英語を学ぶ

【超実感】社会人からの英語リベンジって、けっこう簡単!

学生時代は英語が苦手に感じていたけど、大人になった今、

改めて英語を勉強をしてみよう。

そう思っている人はきっとたくさんいるはずです。僕もそうです。

で、やってみると、大人になった今の方が、圧倒的に勉強って簡単なのです。

この事実を意外と知らない方も数多くいるはずです。

しかも、これは学生時代に勉強した、多くのものに通じるのです。

え?なんで? そう思った方はぜひこの記事を読んでみてください。

学生時代の勉強が辛い理由

将来のための勉強は辛い

学生は勉強が仕事!しかし、その勉強が辛い。

それは、勉強の価値を全然理解できていないからです。

「将来、これがなんの役に立つの?」という感じ。

そもそも、「将来」と言っている時点で、やばい!

子どもだろうが、大人だろうが、

「将来」ではなく、「今」役にたつことを知りたいのです。

受け身の勉強は辛い

さらにいえば、学生時代の勉強って、

かなり受け身です。

自分でお金を払っているわけでもなく、

学びたいと志願するわけでもなく、

当然のように勉強の環境が与えられているわけです。

それだと、勉強の楽しさに気が付かないと、

真剣になれないのは当たり前です。

英語リベンジは超楽しい3つの理由

学生時代よりも、今、英語を勉強する理由もたくさんあります。

テクノロジーの進化

とにかくテクノロジーの進化によって、

学びのハードルはどんどん下がっています。

例えば、iPhone、Apple Watchに英語を入れておけば、

いつでもリスニングを鍛えることができます。

スマホアプリで勉強なんてことも、

僕の学生時代では考えられないことでした。

TOEICに特化したスタサプや、

発音矯正やシャドーイング目的のアプリなど様々なアプリを使って勉強ができます。

コンテンツの進化

どんなに難しい内容でも、Google検索をすれば、

ブログをはじめとしたWebページで英語の学習法が簡単に調べられます。

また、Youtubeを使えば、英会話に通わなくても、

英語ネイティブが英語を教えてくれるチャンネルはたくさんあります。

TEDやNetflixといったコンテンツサービスも英語を学ぶには最適です。

経済的な解決

学生時代と圧倒的に違う点は、

なんといってもお金があること。

極論、自分でお金を貯めて留学をすることだって可能です。

僕も実は、50歳から留学をしたくて、お金をせっせと貯めています。

また家で集中できなければ、カフェでゆっくり勉強、

ということだって、そんなに高くない投資です。

まとめ

学生時代って勉強するのにはもっともいいのは、

なんといっても圧倒的に時間があるところ。

しかし、気持ちがなければ、全然意味がない!

一方で、大人になってからは、

時間がないものの、気持ちいっぱいで勉強することができます。

さらに、学生時代よりも圧倒的に、

勉強する環境、テクノロジー、コンテンツが揃っていて、

めちゃくちゃ勉強は簡単です!

大人になってからの英語リベンジをしたい方の参考になれば嬉しいです。

-英語を学ぶ