洋書を読む

英文を読むときにやめるべき3つのこと|村上式シンプル英語勉強法

実は、英語を話せるようになるためにも、

英文を読むことは超重要です。

そこで今回は、リーディングの真の価値についてご紹介していきます。

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]以下のお悩みにも役立つ情報満載です![/say]

[box class="box29" title="こんなお悩みがある方におすすめ"]

  • 😢なかなかリーディングが上達しない……
  • 😢スピーキングをどう伸ばしたらいいか分からない……
  • 😢英語を基礎力が足りてないと感じている……

[/box]

さっそく英語の達人たちが、どう英文を読んでいるのかをみていきましょう。

⏬参考にした書籍

英語を読むことの意味

日本人の多くは、

英語を読めたつもりでいるが、実はほとんど読めていません。

そう言っているのは、村上憲郎氏(元米Google副社長兼日本法人社長)です。

「英語は読めるけど、話せない」という人がいます。
彼らは本当に英語が読めているのでしょうか?
残念ながら、答えはNOです。


『村上式シンプル英語勉強法』著:村上憲郎

[say name="ちゃんぷるー" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]え?じゃあ、本当に英語を読むってどんなことなの?[/say]

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]「英語を、英語のまま、内容を英語で読む」それが、本当に英語を読むことなんだ[/say]

リーディングでやめるべき3つのこと

『村上式シンプル英語勉強法』(著:村上憲郎)から、

英文を読むときにやめるべきことをご紹介します。

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]ポイントは3つ![/say]

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 英単語(英文)を一切、日本語に置き換えない
  2. 絶対に後ろへは戻らない。意味が分からなくても、戻ってはダメ
  3. パラグラフの途中で息継ぎをしない。(一定のスピードを自分に強制する)

[/list]

日本語と同じような感覚で英文を読めるようになる

ことが重要なので、

英語を日本語に置き換える習慣がある人は、

要注意です。

リーディングで話す力がアップする3ステップ

[say name="ちゃんぷるー" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]でも、これをやめただけで、本当に英語を話せるようになるの?[/say]

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]じゃあ、スピーキングが上達する過程を詳しくみていこう![/say]

[box class="box32" title="「読む」がスピーキングに貢献する3ステップ"]

  • ①英語を英語のまま読む
  • ②聞く力が向上する
  • ③話す力が磨かれる

[/box]

[say name="ちゃんぷるー" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]ええ? 訳さずに英語のまま読むと、なんで聞く力が磨かれるの?[/say]

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]英語を読むことは聴くこととも似てるんだよ[/say]

村上氏は、「聞く」ときのポイントを2つ挙げています。

  • ✅一語一語、英語を日本語に訳しながら、話を聴くことはできない
  • ✅一つ一つ立ち止まって聞き返すことができない。

英語のまま読む条件 = 聴くときと同じ条件です。

だから、

リスニング力が向上するのです。

読めるから話せるに転換する

[say name="" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]なるほど!でも、普通のリスニングのトレーニングだけだとダメなの?[/say]

[say name="" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]リーディングをすることで、リスニングで、聞き取れない部分が聞き取れるようになるんだよ[/say]

[say name="" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]そっか!たしかに聞き取れない部分って、右から左に流れていっちゃうからね![/say]

英語を話せるようになるためには、聴くことが重要!

でも、聴くときと同じ条件で、読むことも欠かせません。

聴ければ英語が理解できるので、話すことができます。

自分の知らない単語や表現は、いくら聞いても理解できず、したがって話すことはできません。

日本の「ダメ英語」を叩き直す 著:平岡塾

多読と多聴を掛け算するメリット

英語を話すためには、

読む+聴くの両方が大事です。

英語を話したい人は、ひたすら多読、ひたすら多聴を繰り返すことで、
いつしか英語が体にしみこんでいくことでしょう。

日本の「ダメ英語」を叩き直す 著:平岡塾

英語を話すためには、膨大なインプットが必要です。

そのための特効薬が、英語を英語のまま読むことなのです。

まずは訳さずに読む

[say name="ちゃんぷるー" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]まず最初の一歩は訳さずに読むことから始めてみるよ[/say]

[say name="" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]そうだね!「読む」と「訳す」は以下のように区別してみるといいよ[/say]

  • ✅読む:「内容を理解して、頭の中に映像を描く」
  • ✅訳す:「英語を日本語に置き換えること」


英語を日本語に置き換えた時点で、
それは訳すことであり、読むことではありません。

日本の「ダメ英語」を叩き直す 著:平岡塾

村上憲郎さんのお墨付きの洋書

『村上式シンプル英語勉強法』では、

まず読むべき洋書のジャンルとして探偵ものをお勧めしています。

なかでも、作家ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズをご紹介されていました。

そちらについては、この記事で詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

>>>Early Autume『初秋』の魅力|洋書の初心者がもっとも読みやすい探偵小説はこちら!

まとめ

[say name="ちゃんぷるー" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/champ2.jpeg"]読むことが話す力にも繋がってるって分かってよかったよ[/say]

[say name="" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]読むことでたくさんいい表現をインプットしていこう![/say]

英語を読むとは、英語を英語のまま読むことです。

そのために以下の3つのことに注意してください。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 英単語(英文)を一切、日本語に置き換えない
  2. 絶対に後ろへは戻らない。意味が分からなくても、戻ってはダメ
  3. パラグラフの途中で息継ぎをしない。(一定のスピードを自分に強制する)

[/list]

最後に平岡塾の以下の言葉を引用して終わります。

当たり前のことですが、後ろから読んだ方が理解しやすい言語など、どこにもありません。(中略)英文をその語順のままに読んで自然に理解できるようにならなければ、本当に英語を読めるとは言えません。

参考にした書籍

⏬今すぐアマゾンでチェックする!

-洋書を読む