WEBマーケティング

【お金で後悔?】WEBマーケティング転職を失敗しないための5大原則

2021年9月26日

これで失敗しない! WEマーケティング転職

転職のお金事情を聞き回っているクリワンです!

未経験からマーケターに挑戦したいけど、

自分になれるか不安。できるか不安。どうすればいいか分からない。

そんな悩みを抱えている人はたくさんいると思います。

僕自身も全くの未経験から本当にマーケターになれるのか非常に不安なときがありました。

そんなあなたに朗報です。

実は転職で絶対に後悔しない方法はありませんが、転職で後悔しないためのコツならあるんです。

コツ①:徹底的な情報収集

コツ②:後悔の共通点を知る

あなたの失敗を先回りした僕が、実際に体験した情報をベースにお伝えしていくので、

マーケティング転職での不安がある人はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

転職して後悔することの一位は年収

そもそも転職で後悔するこってなんだと思いますか。

それはズバリ、お金です!

転職サイト大手のDODAの調査のランキングを以下に掲載しておきます。

順位転職して後悔したこと
1位給料が希望と異なる
2位経営者や社員と合わない
3位社風が合わない
4位経営状態や将来性が不安
5位残業が多い
転職して良かったこと・後悔したことTOP10(dodaのサイトより https://doda.jp/guide/ranking/061.html)

転職したことのある人なら、きっと思い当たる節があるのではないでしょうか。僕自身もとても身に覚えがある結果です。

特に給与条件は、「入社してから頑張り次第でどんどん上がります」とか「入社から1年で1,000万円になった社員もいます」みたいなことを言われたりしますが、超×5のつくレアケースなので鵜呑みにしてしまうと危険です。

後悔しないために、収入アップの優先度を上げよう

WEBマーケティング スキル 転職

なぜあなたはWEBマーケターになりたいと考えていますか。

迷ったさん

そりゃあ、今の仕事に将来性が感じられないとか、

会社員の給与以外にも稼げるスキルを身につけたいからでしょう

そんなことを考えて、WEBマーケターになろうとしている人がきっと多いはずです。

それもつまりは年収やお金に直結する部分ですよね。

もしもマーケターを目指すのなら、「今よりも稼げるようになる」というモチベーションを絶対に大事にしてください。

そうでないとWEBマーケティングの仕事に就いても、結果的に後悔する可能性ってどうしても高くなってしまうんです。

年収は高すぎず、低すぎずのバランスが重要

でも、年収が高ければ高いほどいいのでしょうか。

実は個人的にはそんなこともないと思ってます

クリワン

極端な例ですが、外資系のトップマーケターのようなクラスであれば、

年収が2〜3千万円は手堅いと思います。

しかし年収が高ければ高いほど幸せになれるかと言われれば、

現実はそんな単純ではありませんよね。

休日や家族との時間の過ごし方、プレッシャーにどれくらい耐えられるのか、

そんな個人差ってめちゃくちゃあるし、とっても重要な部分です。

その点を踏まえて、生活水準を維持できる、あるいはやや向上できる年収レベルが僕はちょうどいいのかなと思っています。

もちろんお金が一番のガソリンならがんがん年収アップさせましょう!

クリワン

WEBマーケティング転職、後悔しないための5つの原則

WEBマーケティング転職、後悔しないための5つの原則
WEBマーケティングの転職で後悔しないための5つのポイント

では、未経験からのマーケティング転職で後悔しないためにはどんなことに気をつけたらいいのか。より具体的なポイントを5つ挙げました。

その①:WEBマーケターがどんな仕事か理解する

WEBマーケティングの業務内容を理解していないことはかなり危険です。

例えばこんな風に思ったりしていませんか?

  • パソコンの前で楽しげに作業しているイメージ
  • クリエイティブな打ち合わせにイキイキと参加しているイメージ

そんなポジティブな側面ばかりを思い描いていたら要注意!

WEBマーケターの仕事の本質は売上をつくることです。

そんな売上をつくる仕事って泥臭い作業や地味な作業が本当に多いんです。

「まずい!そもそもWEBマーケターがどんな仕事か、知らなかった!」

そう思った人はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

>>>【需要あり?】WEBマーケティングの仕事内容|未経験から転職するメリット・デメリット

その②:年収が下がる転職はとにかく慎重になる

WEBマーケティング 年収が下がる転職 慎重
年収が下がる転職は慎重に

未経験から新しいキャリアに転職する場合は、給与条件が悪くなるケースが多いです。

そんなときに、多少下がってもいいかな、という軽い気持ちで転職するのは控えるべきです。

ランキングにあった通り、お金はモチベーションの源泉なので、

仮に希望通りの仕事ができたとしても、金銭面での不満はかなり解消しにくいんですよね。

例えば、「年収100万円下がっても後から挽回できるだろう」と思って転職しても、

うまくリカバーできるかどうかは正直、誰にも分かりません。

給与交渉ってすごい大事ですよね

クリワン

その③:企業の雰囲気は口コミサイトをチェックする

クチコミサイトをチェックする
クチコミサイトでチェック

今では社員でしか知れないような情報でも、ネットで大抵のことを調べることができます。

例えば、OpenWorkでは1200万件のクチコミ情報が見れますし、転職会議では300万件のクチコミが見れます。

以下は、転職会議で調べたGoogle社のクチコミのページです。

転職会議 クチコミ グーグル合同会社

クチコミサイトで確認できることの例

  • 年収事情や評価制度について
  • 社員コミュニケーションの現状
  • ワークライフバランス
  • 経営陣に対する意見
  • 会社の事業の展望

ただし注意して欲しいことは、クチコミサイトに投稿している人は退職者や転職を検討している人が中心なので、悪い意見が多めな点です。

悪い評価があってもこれくらいなら受け入れられそうかな、という目安にするくらいがちょうどいいと思います。

その④:転職エージェントは必ず使う

転職エージェントを利用するのを躊躇している方がいたら、絶対に利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリット

  • キャリアの相談にのってもらえる
  • 人材市場のトレンドを教えてもらえる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる
  • エージェント経由でしか応募できない求人が多数ある
  • 給与交渉、日程調整などをお任せできる

全部無料で利用できますし、正直、メリットを挙げたらキリがありません。

僕自身も転職を検討している場合には、2〜3社のエージェントに必ず登録するようにしています。

ただし、エージェントを利用する際は相性もあるので気をつけてください。

いいエージェントに巡り会えるかはけっこう運次第なところもあるので、

複数のエージェントに登録してみて、一番相談しやすい人に積極的にアドバイスをもうらのがいいと思います。

僕が実際に利用しているエージェントです!

おすすめ転職エージェント

その⑤:時間がかかっても焦らない

僕も未経験からマーケターを目指したので、書類選考ではばんばん落とされました。

そんな僕でも今はマーケターとして一部上場の事業会社で働くことができています。

もしも、より短い期間で転職したい、より理想の職場環境で働きたいと思っているのであれば、WEBマーケティングスクールに通うのがおすすめです。

WEBマーケスクールのメリット

  • 実践的な経験が積める
  • 転職支援・サポートもしてもらえる
  • とにかく短期集中で学べる

後悔を減らすための、たった一つの習慣

これを言ったら元も子もないのですが、どんなに用意周到に考えていても想定外のことは絶対に起こります!

だからこそ、失敗とうまく付き合えるようになる習慣が大事です。

そのためには、どうすればいいか。ポーカーで世界一にもなった元プロのポーカープレイヤー、アニー・デュークさんはこう言っています。

良い結果は自分のおかげで、悪い結果については運が作用したから自分のせいではないと考えるのだ。その結果、私たちは経験からうまく学べない。このパターンは「自己奉仕バイアス」と呼ばれる。

『確率思考 -不確かな未来から利益を生みだす-』著:アニー・デューク

僕はこの『確率思考』という本を読んでかなり衝撃を受けたのですが、後悔を減らす方法は自己バイアスを遠ざけることだと考えています。

成功しても、失敗しても必ずその原因を振り返ってみてください。小さなことでもOKです。

そうすることで、どんなときに自分が後悔するのか規則性がみえてきます。

小さなことが意外と転職にも当てはまったりするんですよね。

おまけ:転職活動のためには貯金も大事

転職するときに貯金がある人はそれだけでもう非常に有利です。

貯金がないとどうなるかというと、まあ転職活動に余裕がなくなります。

精神論に思えるかもしれませんが、

僕の経験上、お金に余裕がないと、逆にお金に愛されない行動ばかりをしてしまうことが多いんです。

お金に愛されない転職活動

  • 給与交渉をせずに転職してしまう
  • とにかくどこでもいいから内定をもらったところに転職してしまう
  • 年収が下がっても鵜呑みにしてしまう
  • 転職活動のために仕事を辞めてしまう

「よく仕事を辞めてじっくり転職活動をしたい」という人もいますが、パワハラや給与がもえらないなど、やむ追えない場合を除き、僕は絶対に仕事を辞めないことをおすすめします。

とにかく転職活動は余裕をもってやる活動にした方が、絶対にいい選択ができると確信しているからです。

まとめ

WEBマーケティング転職で後悔しないための5大原則をご紹介しました。

転職活動はリスクが大きいと考えている人もいますが、転職のリスクは事前に情報収集さえすれ、ある程度は減らすことができます。

僕だったら、絶対に時間をかけて情報収集をするし、転職エージェントにも登録するし、スクールにも通って勉強もすると思います。

なぜなら、事前の準備ではいくらでも失敗ができるけれど、転職した後からそれをリカバーするのは大変な労力が必要だからです。

しっかりと準備さえすれば、転職活動は決して怖いものでも、マイナスなものでもありません。

あなたが後悔のない転職をできるようにこのブログでも情報発信をしていきます!

  • この記事を書いた人

クリワン

節約に励むマーケターです!30歳を機に別職種から、マーケターにキャリアチェンジ。IT企業で専任のマーケターをしています。(転職は4回しています)→WEBマーケティング転職を検討している人に対して情報発信をしています。★データサイエンティストの勉強中です!

-WEBマーケティング