英語を学ぶ

【100冊以上の中から厳選】英語を独学中の人に超おすすめの本

間違った方法で学び続けていると、

100の努力が1や2になってしまう可能性は大いにあります。

実は僕自身が、間違った英語の勉強をし続けて10年近くを無駄にしました😅

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]そんな経験をしたため、勉強法について多くの本を読み、
どう勉強すべきかをたくさんインプットしてきました[/say]

言語を学ぶ前に、どう学ぶべきかを知ることは非常に重要です。

エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)はこんな言葉を残しています。

Give me six hours to chop down a tree and I will spend the first four sharpening the axe.

もし6時間、木を切る時間を与えられたら、そのうち4時間を私は斧を研ぐのに使うだろう

by Abraham Lincoln

英語の勉強も全く同じことが言えます。

つまり、勉強をする前に「心構え(斧)」を「準備(磨く)」せよということです。

あなたの斧を尖らせるために読んでほしい厳選した本をご紹介します。

[box class="box29" title="こんなお悩みがある方におすすめ"]

  • 😢独学をしていて、効果がなかなかでない……
  • 😢お金をかけずに、しっかりと英語を学びたい……
  • 😢とにかく効果の出る勉強法を知りたい……

[/box]

英語学習者におすすめする5冊

(まだ数冊、ご紹介予定のため、徐々に増やしていきます!)

ここで紹介する本は、主に3つの観点から紹介しています。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 「第二言語としての英語」をどう習得していくか
  2. 独学に必要な考え方
  3. 英語学習にも人生にも役立つライフハック術

[/list]

受験英語ができることを前提としていないので、

もしかしたら、即効性は少ない可能性もあります。

でも、僕自身の考え方をクリアにしてくれた大切な本です。

「英語」をどう習得すべきかを知る

英語独習法  著:今井むつみ

英語独習法

英語はどう学ぶべきか。この本を読むことで、その本質がよく分かります。

必死に単語や文法を覚え、多読、多聴を繰り返してみても、

全然、英語ができるようにならない。

その理由を解明したい方は、ぜひ読んでみてください。

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]著書の今井むつみさんは、認知科学や心理学の専門家で、特に第二言語獲得と学習を研究している方です。
第二言語の獲得をこんなに分かりやすく解説してくれてる本は他にないのではないかと思います[/say]

こちらの本をテーマに一本の記事にまとめていますので、

よければ、そちらも参考にしてください!

>>>超面白い!「英語独習法」の内容と感想を少しずつ紹介はこちら!

英語日記BOY 著:新井リオ

英語日記BOY

この本の素晴らしいところは、とにかく実践的で、

真似しやすいところです。

著書の新井さんが、英語ができるまでに考えたこととやるべきこと、

その2つをセットで分かりやすく教えてくれるので、

再現性は非常に高い内容です。

そして、実はこの「英語日記BOY」と「英語独習法」とは、書き方は全く違えど、

考えるべきことがかなり似ています。

[say name="" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]いわば、英語独習法の実践編!
この本を読んでそんん風に思いました。[/say]

詳細はブログでも読めちゃいます!めちゃくちゃ面白いのでおすすめです。

>>>新井リオさんのブログはこちら!!

「独学」を楽しむ秘訣を知る

東大教授が教える独学勉強法  著:柳川範之

東大教授が教える独学勉強法

この本を読むことで、学べることは、

答えのない問いに自分なりの答えを見つける勉強法です。

著書の柳川さんは、勉強を加工業に例えてこう言っています。

勉強とは加工業のようなものではないかと思います。
部品や素材を加工して自動車をつくるのと同じように、いろいろな知識や情報という材料を取り入れて、それを自分の中で加工して違った形、アイディアにする。

東大教授が教える独学勉強法

さまざまな成功法則や学び方の情報が大量にあなたのもとにやってきては、

心をかき乱して消え去っていきます。

しかし、本当に大切なことは、自分の頭で考えて導き出された、

あなただけの勉強法です。

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]学ぶことの本質は、答えを暗記することでは全くなく
自分の興味・関心を追求することなんだとよく分かります[/say]

上達の法則  著:岡本浩一

上達の法則

初級者&中級者と、上級者は何が違うのか、

この観点から、ものごとを上達する方法を解明されているのですが、

非常に、納得感があります。

そして、何かを上達するためのコツは、

誰でも体得できるだけでなく、

一度体得したその上達までの思考回路は、汎用性があるものだ。

この本を読んで、それを深く理解できたので非常によかったです。

勉強を習慣化する心得を知る

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣  著:ジェームズ・クリアー

複利で伸びる1つの習慣

勉強であれ、運動であれ、何かを習慣化するには、コツがあります。

勉強しなくちゃ、とただ息巻いていても決してうまくいきません。

楽しく勉強できている友人や同僚は、ただ習慣化のコツを知っている。

それだけの違いです。

そのヒントは、著書のジェームズ・クリアーさんのこの言葉です。

多くの人は、何を達成したいかを意識して習慣を変えようとする。
これは結果ベースの習慣になりやすい。
別の方法は、アイデンティティーベースの習慣を身につけることだ。この方法では、どのような人になりたいかに意識を向けて変化に着手する

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣

[say name="クリワン" img="https://clione33.online/wp-content/uploads/2020/11/saito2.jpeg"]僕は英語の勉強だけでなく、この習慣化のコツを
日常生活すべてに応用できています![/say]

まとめ

英語を勉強をしている人、これから始めようと思っている人に、

おすすめの書籍を5冊紹介しました。

[box class="box32" title="今回ご紹介した5冊"]

  • ①英語独習法  著:今井むつみ
  • ②英語独習法  著:今井むつみ
  • ③東大教授が教える独学勉強法  著:柳川範之
  • ④上達の法則  著:岡本浩一
  • ⑤ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣  著:ジェームズ・クリアー

[/box]

ひたすら自己流を続けているだけでは、結果を出すまでに時間がかかります。

その道のプロ、専門家の意見をもとに、自分なりの勉強法を導き出すことが、

英語の上達への近道です。

ぜひ参考に読んでみてください!

⏬今回ご紹介した書籍

-英語を学ぶ